×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

2008年3月30日〜4月1日の2泊3日で、白川郷にお出かけでした。
富山県境に近い岐阜県の山にある白川郷、富山県の五箇山集落も含めて、
世界遺産(文化遺産)に登録されています。

 

まちなみ

世界遺産に登録されている白川郷には、観光客もたくさん訪れます。
そのまちでは、住民の方たちが、観光客を受け入れながら、普通に暮らしています。
合掌造りの家では、生活の息遣いが聞こえるのです。

 

つりばし

 

まちの中を流れる川に吊り橋が架かっています。
当然ですが、ゆれる…

吊り橋の途中から見た風景です。

 

昔ながらと今ふう

 

合掌造り家屋の立ち並ぶ町並みからほんの少し車で走ると、

山の風景にしっくり馴染むかわいいカフェがあります。

 

 

窓からの風景

トヨタ白川郷自然学校は、
白川郷のまちなみを抜けて、更に山をひとつ登ったところにあります。
昔は、そのあたりにも、普通に集落があったそうですが、
冬は雪で孤立してしまうような環境の中

どんな思いで生活していたのでしょうね。

 

 

ビフォーアフター

 

山の上に着いた頃は、こんな風景が、

一晩寝て起きたら、モサモサ降る雪の朝

 

 

あさごはん

山のカフェであさごはん。
シンプルなトーストの味わいと、自家製ベーコンをのせた華やかな味わいと、両方楽しみました。

 

合掌家屋

特殊な造りかたを、間近でジーッと見る。
ワカラナイ…けど、スゴイことだけはワカル。

 

縁側のわんこ

決してイケメンとは言えないかもしれないけど、モコモコしたその風貌、たまらなくキュートです。

 

 

やまのうえで過ごす

自然学校のロビーの窓から見る風景です。
向こうに見える屋根は、普段はBBQなどが出来る東屋だそうですが、
この雪の壁の中じゃ、一酸化炭素中毒になってしまいそう(笑)。

 

おいしいごはん

 

フレンチのフルコースを頂きました。
お魚もお野菜も、
素材の味をソースが更においしく引き立てて、
にっこりたっぷり。

お肉大好きな私は、
こんなポワレを目の前にすると、
ドキドキしちゃいます。
ステキなディナーをありがとう。

 

 

家屋の中にオジャマします

旧家を移築して、保存しながら展示している、合掌造り民家園があります。
家屋の中にも入れます。
大きな旧家に入ってみたら、3階建て。
囲炉裏の炭で家屋をいぶして虫対策などをするそうで、
煙がよく行き渡るようになんでしょうね、2階、3階の床は、ところどころスケスケなのです。
結構コワイです。
そんな3階の窓からの風景。

 

小雨の中の散策

せっかくの白川郷、帰る前にじっくりと散策しようと、
時間をかけてゆっくりと見てまわったら、
金沢行きの高速バスの時間が20分後に迫っていました。
あわてて走りました…どこへ?
…つづく

 

コレ、絶対に食べなきゃ!

もちもち系が大好きなので、コレは絶対にはずせません。
五平餅です。
この日は平日で、閉まっているお店が多くて、
走って探しに行きました。
ゆれる吊り橋は、走るのやめて、若干早歩き…小心者なので。

 

 

懐かしいけど新しい

高速バスで金沢駅に着いた後は、JRです。
移動の乗り物と言えば、新幹線にすっかり慣れているので、
「鼻」のない形の特急が、なんだか新鮮に見えました。

 

日本の車窓から

 

特急北越は海沿いを走ります。
左を向けば数日振りに見る海、そして…

右を向けば山をバックに虹が見えました。